鍼灸院ブログ

深い痛みに灸頭鍼

 

 

 

151213_02

年齢40代 男性 肉体労働 備考 頚部にヘルニアあり 

繁忙期で忙しく仕事が思うように休めず 医者 マッサージ 接骨院などを受診するがなかなか症状が改善しないため来所

主な症状は肩から背中にかけてのこりや痛み 眼精疲労等 他腰痛あり

 

 まず腹部や背部等 全身に施術を行い 頚部の牽引 後頭部への施術にカーボン灯で遠赤を当て全身の痛みは軽減するが、首にかけて深部のコリが取れず違和感が残ると。

 

 家が他府県で遠方なため 回数を重ねての来所が難しく 最後に灸頭鍼を行いました。

大きさは2センチ玉の小型を3つづつ。

 

これ以上は強刺激になりすぎるため 以上終了としましたが

施術後 かなり痛みは消え 違和感もなくなったと。

 

灸頭鍼は鍼の物理的刺激と 灸の温熱的刺激を併せ持つ方法で 

かつ 肌に直接すえるお灸のような強い熱さや痕も残らないため深部の痛みや

慢性化したコリにはかなり有効な手段です。

 

施術する側からしたら非常にめんど。。。 いや手間のかかる方法なのと

 

 鍼は灸頭専用のもので、太さだけでなく構造も違ううえ 施術場所により長さも異なり

症状や体格に合わせた灸の大きさを選択しますので 全部持って歩くことも大変なんですが

もぐさの成分が違い (直接灸 高温だが燃えやすい 灸頭鍼用もぐさは低温だがゆっくり燃える)

煙もすごいので出張施術では行い難い手法ではありますが

 

 

ご要望とあれば、ご連絡ください。

かなり気持ちはいいですよ♪    

 

使用針について ニーズにより各種ご相談受け付けます

 本日 以前より看板を見て気になってたんですがと当方で使っている針についてご相談を伺いました。 

あいにく私は不在でしたので嫁が対応してくれました。

 こられた方は消毒した針が気になるらしく、ここではどういったものを使っているのか?と。

 

 当方では一般にはステンレスの消毒針を使いますが、ニーズにより色々ご要望にお答えします。

元は肝炎などのための配慮ですが、まず使い捨ての針を準備しております。

これは普通一回きりの使い捨てなので申し訳在りませんが一回の治療代に針代を上乗せしていただきます。 

 

そして これは師匠のところで習ったのですが 

一般で使っている針の新品をその方専用にキープしておく方法。

 感染を防ぐことが一番の目的なので、万が一も考えオートクレーブ(高圧滅菌機)の使用でもほかとは別に機械へかけます。

保管はプラスチックの試験管に栓をし密封しますので安全性は確実。

ただこちらも別途針代は頂きますが 専用針なのでオートクレーブを頻繁に使う必要もなく

数回使用でもアルコールや煮沸消毒で十分なのでかなりリーズナブルです。

 

 それとディスポーザーは使い捨てということも在り針先の精度がよろしくなく、全部では在りませんが

若干の痛みを生じることがあるのをお伝えしています。

 

ほか、疑問に思えばいつでもお伺いします。

 

 しかし、普段で嫁に説明しといてよかったなと。

やはり電話より 直接会って話しできるほうがお互いの理解しやすいので改めてこられることを願います。

 

 

堺市K様 原因不明の膝痛に鍼治療

CA3I0084 

患者さんに了解をとって撮影。

当 治療所では流れとして 

上向きで顔 腹部 そして足の前面 

次はうつ伏せになっていただき 足の裏面(ふくらはぎなど)から 腰背部 に首と頭に鍼を打っていきます(全身治療の場合)

膝痛といっても表だけですむことは 残念ながら非常に少なく、うつ伏せで膝裏の筋を張ったところや豆状のしこりなどを緩和させつつ いちばんつらい場所を探していきます。 

この写真は すべて終わったあと座って頂き 最後の施術を行っている最中で 膝の内側2cm四方に刺鍼の集中した場所が今回の諸悪の根源?になります。

この後置き針をして歩いていただき終了。

二回の治療で支障は無くなりましたが違和感含め完治するかは気候にもよりますのでしばらく様子見。

治療時間は2時間弱

最後までしっかりしたケアをしたいので 当方が保険適用をしない理由がここにあります。 

ちゃんと治療しろ! というわが師匠の教えからですけどね。

CA3I0083

堺市M様 帯状疱疹 発症から カーボン灯による早期の治療までの経過レポート

帯状疱疹の治療について 

発症から 治療経緯と鎮静までの経緯を記します。

 

15年 7月20日ごろ

一週間前より脇から肋骨にそっての痛みがあると相談される。

痛みはちくちくとしたもので、鈍いものではなく

打診 叩いても痛みは無しということで まず骨折や捻挫の可能性は薄い。

この時点で外見では何も症状はでていなかったが 痛みの状態と場所を考え 肋間神経痛か帯状疱疹の可能性ありと判断。

もともと皮膚が弱く アレルギー性発疹や虫指されも過剰反応する体質なので診断が難しいところですが

しかし胸の上部に痺れがあるということで これがなんなのか判断が付かず まず医者の診察を薦める。

 

 診察結果 同じく肋間神経痛か帯状疱疹であろうという診断結果でしたが やはりしびれに対しては不明とのこと。

 薬を処方してもらい、治療に一ヶ月を要するとのこと。(予断 結構高価な薬です)

 

同年7月31日

その数日後 帯状疱疹の発疹が現る。

帯状疱疹はウイルスによるもので、肋間にそって赤いぶつぶつが出来るものですが ほとんどは片側だけにしか現れず  

このように左右両方に発症した例は珍しい。

150731_00

150731_01

 

背部より 主に右側の肋骨に沿って赤くなっているのがお解り頂けるかと思います。

 

 

特に胸部にははっきりとした発疹が出来 これ以上症状が進むと水泡になり 潰れることでウイルスが広まり増殖すると言うもので

 塗り薬や飲み薬によって痛みは殆どないようですが 夏場の汗でこれ以上広がる前に治療開始しました。

 

皮膚が弱いことを考慮して 最初からカーボン灯照射に専念。

 1000x5000の紫外線効果でウイルスの増加を防ぐことを念頭に置き短期集中で治療。

 

まず横向けになってもらい背中から一箇所10分で順番に満遍なく照射していきます。

 

ほぼ毎日照射して

こちらが8月8日に撮影したもの。

早期での治療だったため 殆ど広がらず。

カーボン灯の熱も在り 水泡も少なくすみ なおかつ潰れることも殆どなく かさぶたになる前に治癒していったような気がします。

 

 

       150808_01

 

 

こちらは8月16日撮影

殆ど帯状疱疹による発疹は在りませんが 時間は7分に短縮しつつ 予防のため継続して照射中。

 

 150816_00

 

医者の診察がまだなので 完治してるか当方が判断することでは在りませんが ほぼ半月で症状を抑えられたことは幸運 なのかなと。

 

 

 ○ チクチクとした 針で刺すような痛み

 ○ 最初は背中から肋骨にそって痛みが現れ 虫刺されのような赤い湿疹がでます。

 

ウイルスなので 虫刺されの薬やシップでは治りません。

 とにかく発症したら夜も眠れない位の ものすごい痛みに悩まされので

早期の診察と治療をお勧めします。

左大腿部骨折

運動会にて、リレーに出てコーナーで内側の足(左)が滑って転倒
座ったままバトンを渡し、立ち上がろうにも力入らず激痛。
はいずりながらコース外へはでた処で医療班が駆けつける。

両肩を抱えられながら競技場外へ出るも、左足は地面に着いている感覚が無く 徐々に左股関節に気が遠くなる位の激痛。

担架で運ばれ、救急車で病院へ。
レントゲンを撮り、結果は股関節の太腿付け根が折れている。
そのまま入院、手術確定となりました。


以前左足かかとを骨折しましたが、それよりはるかに痛い。
そして足の向きにより神経が当たる為、ほぼ身動き出来ない状況でした。
現在足を引っ張った状態で冷パックを貰い、骨折部を冷やしてるので痺れだけですが
体が起こせず食事が出来ない。
これがいま報告できる、ほんの3時間程前から起きた出来事。

ヤマキ黒ごまつゆ、餅でも美味しいかもね。

CA3E0117.jpg CA3E0116.jpg

ヤマキ 黒ごまつゆ。
漬け麺のつゆでうどんやそば、ラーメンなどで食べます。

あじは甘めでみたらし団子のような。
ごまのセサミンは老化防止等で取り上げられてますが、黒ごまのすりつぶしもたくさん入ってます。
2食入り、金額忘れましたが 薬局で購入。
此からの季節、冷たいザルで如何かと。
と、今日はさむいので温もりで作る( ̄∀ ̄)

堺市S様 生理痛に簡単置き針効果

40代女性  小さいが子宮筋腫在り

若いころは生理不順が当たり前だったらしい。

 

 3日前より生理が始まったのですが いつもより痛みと出血量が多いため相談に。

伴う腰痛もひどく 血行障害が出てるためか睡眠も浅く熟睡できない 眼精疲労や肩こりまで顕著にあるという。

 

全身への鍼灸治療は 体がだるくなる為翌日が仕事のときは施術出来ないということで

足に置き針を施しました。

 

女性疾患に使うツボで 

うちくるぶし 上の三陰交 膝下 外側の足三里 膝の骨 上内側にある血海 

 

両足 計6箇所に貼りました。

 翌日変化を聞くと、よく眠れ 経血が治まり腰の痛みもなくなったとのことです。

 

 

 

このツボは古く民間療法でも使われ、女性特有の疾患である 生理痛や冷え性 いらいらなどに効果が在ります。

自分で千年灸などを使うもよし ドライヤーで温めても同様の効果はあります。

 

ただ 場所はその人の体格やその日の体調により位置が変化しますので  施灸の場合でも一度ご相談いただければ

場所の探し方をお教えできます。 

  

 普段 置き針は施術後のサービスとして使っているものですが 置き針だけという方がいらっしゃればご連絡ください。

ほか千年灸をお分けしたり 自分で出来るアドバイスもお教えできます。

認知症老人を食い物にする業者に天誅を!

「年寄りだまして大もうけ」群がる業者 認知症社会:朝日新聞デジタル
「年寄りだまして大もうけ」群がる業者 認知症社会

小寺陽一郎、松田史朗、本田靖明

2015年5月10日05時15分

  • 写真・図版

 判断力が不十分なまま、業者から高額な商品を買わされたり、お金をだまし取られたりして財産を失ってしまう認知症のお年寄りが後を絶たない。

■営業電話「主人よりよっぽどやさしい」

 「認知症」「ボケ」「頭ヤバ」――。高血圧や糖尿病にも効果があるなどとうたい、高齢者らに電話で勧誘していた健康食品販売会社(東京)の顧客名簿には、住所、氏名、電話番号の下に、こうした走り書きが残っている。「認知?」とメモされた顧客には、3カ月間に4人の営業担当者が9回、電話をした記録もある。

 消費者庁は4月、この会社に対し、うその説明をしたほか、「認知症の消費者の判断力の不足に乗じ、売買契約をさせた」などとして、3カ月の一部業務停止を命令した。認知症の人に分割払いで約8万円の健康食品を売るなどしていた。顧客は31都道府県に広がり、5割以上は80歳以上のお年寄りだったという。

 「団塊の世代が定年を迎える。年寄りをだまして大もうけができる」。同社の元従業員は、幹部が言い放った言葉が忘れられない。

 元従業員らによると、営業方法はこうだ。過去に他社で健康食品を購入した高齢者ら23万人以上の名簿をもとに、パートが電話をかける。割安のサンプルを買った顧客には、社員が電話で販売攻勢。「以前に電話したこと自体を忘れているなど、10分話せば認知症かどうか分かった」という。

 

 家族と住んでいればまだ救えるんですが 独居老人だと気がついたときには手遅れに。

あと ここでは悪徳業者ですが、むかし父が某有名健康食品のサンプルを購入後 あと数ヶ月にわたって電話がひっきりなしにかかってきたことを思い出します。

 私が言うのもなんですが 昨今 健康という言葉が儲けの対象になっての業者は増えてるような。

 特に医療費の個人負担があがってから特に食品や器具等の荒稼ぎ業者は増えました。

司法も対策はしてるんでしょうが、この事件でもたった3ヶ月の営業停止とは

 ぬるいですねぇ。。。

日本赤十字社:献血で後遺症 解決金900万円で和解

日本赤十字社:献血で後遺症 解決金900万円で和解 – 毎日新聞



 献血をした大阪府の40代男性が、採血で腕の神経が傷つけられて後遺症が残ったとして、日本赤十字社(本社・東京都)に約2400万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こし、日赤が解決金900万円を支払う内容で和解したことが分かった。和解は今年4月14日付。

 訴状などによると、男性は2011年5月、大阪府茨木市内の日赤の施設で献血に参加。採血針を左腕に刺された時に激痛を感じ、痛みを訴えたが看護師は採血を続けたという。男性は痛みが治まらなかったため病院で受診し、「左腕の神経損傷」と診断された。

 男性は精密加工機器メーカーで主に金型のメンテナンス作業をしていたが、しびれが残る左腕での作業が難しくなり、同年10月に退社。日常生活でも左腕が上がらず、不便を強いられたという。

 日赤は当初、治療費や見舞金などを支払ったが13年1月に打ち切った。訴訟では「採血は正常に行われ止血措置もした」などと主張して争ったが、最終的に和解に応じた。日赤は取材に対し、「コメントは差し控える」としている。

 厚生労働省が作成した血液事業報告によると、献血時の採血が原因の神経損傷は、▽09年度188件▽10年度188件▽11年度128件。12年度は約525万人が献血し、121件の神経損傷が報告されている。

 一方、献血が原因となった健康被害を巡る訴訟では、採血針で神経が傷つけられ、後遺症で指が動きにくくなったとして北九州市の女性が日赤を相手に提訴し、04年に日赤側が300万円を支払うことで大阪地裁で和解したケースなどがある。【三上健太郎】

http://mainichi.jp/select/news/20150508k0000m040127000c.html

 

  当時 看護婦がどのような対応だったのか解りませんが技術職の人が職を失うくらいの傷害では900万円は高いのか安いのか。。。

 

 ただこの記事が 取り上げられることで 献血への風評被害や不信感だけ多くなってほしくないですね。

 日赤も ちゃんと謝罪とこれから事故が起きないように改善してもらえればいいんですが どんなに気をつけていても事故は起こりうる現場 あとはその後の対応だと思うんですが。


10 / 12« 先頭...89101112

▲TOPへ