鍼灸院ブログ

小児はりについて 大阪では普通だけど他府県は知らない?

小児はり について。

 呼んだ本によると 関西(特に大阪)ではポピュラーな治療方として昔から浸透しているんですが他府県ではあまり知られていないものだそうです。

看板にあげている先生も多いんですが、そういや他府県では見なかったような・・・

 

大阪では有名な鍼の先生がいて そのため 

針中野という駅までできたくらい

針中野駅 – Wikipedia

駅名の由来[編集]

大正時代に鍼灸師の中野家41代目が、大阪鉄道の開通に尽力し、そのお礼として1923年の開通時に鍼灸院の最寄り駅の名前を「針中野」にしたといわれている。現在も駅名は「針中野」のままで、地名としても残っている[4]

 

 私も色々子供にかかわってきましたが 大人のミニチュアが子供じゃなく

子供は 子供の施術が必要になります。

薬は体重なので処方や量を変えるので大人と子供の成分はほぼ同じものが多いんですが

針の場合は子供にしか使わないつぼや施術場所があります。

 

 やはりすべての人に効くかというと難しいところもありますが

方法は単純なので われわれが方法を教え 帰ってお母さんが毎日お子さんに手当てしてあげるものが多くあります。

 

 簡単に道具もつまようじやタバコ灸や線香(近づけての温熱療法)など

多くあります。 あきらめないで 物は試し位に尾声かけください。

 

以外に効果があるかもしれません。  

 

 

 

謹賀新年 あけましておめでとうございます。

 

 

新年 明けましておめでとうございます。

皆様とご家族のご健康をお祈りしております。

そして旧年中 多数お越し頂いた者様へ その後お加減如何でしょうか?

至らぬところもあったかと思いますが 喜んで頂き何よりでした。。 

また本年も精進してまいりますので 本年もよろしくお願い申し上げます。

CCF20180101_00000

年末年始のお知らせ 休まず開業します。

年末年始のお知らせ

休まず開業します。 ただ、26~30日の夜は夜警参加のため夜21より24時までご予約お受けできません。 

町内会役員をしている都合上 出席しますがご予約の電話は受けられますので携帯電話へお願いします。 

90代女性 長年の腰痛が2日だけ無に なったそうです。。。

 冷えたのか 以前からの腰痛がひどくなりベットから出ることも困難と連絡があり出張。

週に2日 2週間施術し トイレも自分で行けるほど回復。

 

 ただ、元から内臓系での持病あり そして腰痛だけでなく足まで それも後ろ側だけでなく前まで走る痺れがあるということでした。

が、高齢ということで刺激量にものすごく気を使います(弱いと効きませんが 強いと炎症が出て起き上がれなくなります)

 

 かなり強い体質と判断したのとこの刺激では回復が間に合わないとのことで「2~3日 だるくなりますけど良いですか?」と本人と家族に了解を貰い 捻挫刺という方法を行いました。

間隔は1週間置いて電話連絡があり 伺ったところ  「2日はすごくしんどかったんですが 3日目初めて痛みがなくなった!」と 大変喜ばれてました。

 高齢者に使う術式ではないため加減はかなり難しく 普段でも使えるタイミングがあり誰でもいつでもできるというものではありません。

 

 ただ、必殺技のひとつではありますが欠点としては かなり痛い。。。  

繊維化に近い筋肉のコリを 風船を割るように 師匠が言うには「切っていく」手法で その名のとおり 鍼でねじ切る感じです。

 

 ちなみにこの方法は日本だけでなく 昔 タイの奥地で見た施術方法も同じものがありました。

  

 ほんとはね ひどくなる前に手当てしてください。

寒くなると筋肉は硬直しますし血流も悪いので回復も遅くなります。

 

怖い 強い痛みやなかなか治らないと思ってたら 骨折かも?

 特に高齢者に多い骨折。

転倒など強い衝撃での骨折や普段の家事の積み重ねからでもおこる疲労性骨折などさまざまですが。

 冬になるとどうしても寒さなどで体の動きが機敏に動けずとっさの反応が遅れます。

どんなに気をつけていても怪我は起こってしまうことは悲しい話なんですけどね・・・

 

 今までにも何度か急な痛みで緊急を要すると往診依頼がありました。

話を聞くうちに疑問がわき そして体を見ると。。。

まずさわって解りますが こり(筋肉の硬さ)が尋常じゃありません。

それも一箇所ではなく 筋肉に沿ってかなり広範囲にあり 人によっては熱感が。 

と、この人によるがくせもので、明らかに発熱してると家族も捻挫か何かだと気付くんですが

高齢者ほど発熱する体力がなかったり基本が低体温だとすごく解りにくい状況にあります。

 

そこでいままでお話を聞いた事例をいくつかご紹介します。

 まず単純に 痛み出した原因から。

 つまずいた 打ち付けた など衝撃から数時間たっても痛みが消えない場合。

 私はまず話されるなかで シップ薬を3~7日 それで改善がないと言うときは骨折を疑ってます。 まだこの患者さんは自分で我慢ができる程度のひびや軽度の骨折でした。

 ただ、中には自分が打ちつけたことを覚えていない方もいらっしゃいました。

家事の中で痛みが出たということで本人も普通に過ごせる程度でしたが 後日病院での検査で骨折と判明しました。

 痛みが悶絶するくらい。いったん横になると寝返りが打てない 一回座ると立ち上がれないなど場所によってさまざまですが 共通することがひとつ。

 じっとしてると痛くない。

 これが一番のくせものです。骨折の場合、動くと筋肉が骨を引っ張るのでひびや折れたところを引っぱるので痛みが増します。 逆に打撲でも捻挫など筋肉に痛みがある場合は 極端会い言い方ですがじっとしてても痛みは出ています。 

 骨折ではないですが、すごく大きな青アザがありびっくりしたことが何度もありました。

心臓病などを患っている方など 特に血液をサラサラにする薬を服用している人

特に内出血しやすく大きなアザが残りやすいんですけどね。

 

 叩くと痛みが局所だけか広範囲にわたるか。 これも患者さんの感覚によって解りにくいところも多いんですが 痛み出したのが夜だたっとか土曜日など医者がやっていない日や前日は発見と初動対応が遅れます。

 恥ずかしい。大げさにしたくない。救急車を呼びたくないなどの心理ですけどね。

 

 すみません 力不足で骨折を鍼では治せません。  

ただ 説得の足しにはなった気がしますが。。。 あまり家族の話も聞いてくれなかったりするんですよね。

 

これから寒い日が続きます。 お気をつけくださいませ。

 そして食事でカルシウムを取って 

暖かい日には 外か窓越しでもいいのでお日様の光を浴びてください(これが一番重要♪)

鍼灸にアロマと音楽で癒しの相乗効果を。

 普通に鍼灸治療だけだとなかなか落ち着かない。

というか、最初から鍼が怖くて治療ができないという方も多くいらっしゃいます。

 

 相談を受け 私たち術者を信頼していただけると 緊張も少なくなるので効果も変わるんですがそこがなかなか難しく・・・

 

 心地よく治療を受けて頂けるように ホットパックのお湯の中に

アロマ効果があがればいいなとうちに生えている「レモンユーカリ」の葉を入れてます。

 

 静かなままだとなかなか落ち着かないので いま音楽も考えているんですが 

好みもあるので色々チョイスを考えつつ試行錯誤の真っ最中。

 

 昔からハーブやお香 観葉植物の趣味はあったんですが 

調べるほどに奥が深いんですが 体質や体調変化であわせていけばより効果は高くなります。

 

香りは好みなんですけどね。 

 

食事と同じく 嫌いなものほどその人にとって必要な部分もあります♪

月曜日 寒い一週間が始まり・・・冷えの痛みに鍼灸の薦め

先週から一気に冬じみた気温になって来ました。

関東ではもしかすると今日約50年ぶりの10月低気温記録更新とか。

9月末から日によって どころか朝晩の気温上昇で体の疲れが出る

「寒暖差疲労」   はおさまりつつあるようですが、これから一気に冷えると

疲労どころか持病などでの痛みが出てきて急ぎの患者さんや相談事が増えてきます。

 

 こりや痛みは寒さで悪化し そして冬になると治りも遅くなります。

針の治療でも 時間がかかり 特に肩こりのひどい方は

筋肉が硬くなりすぎ患部までの刺針が痛くなる・・・ ので浅く刺しおいとく時間も長く取り

肩にもホットパックをおいております。

 

 先日まで昼の患者さんには吸湿マットにタオルケット 朝夜は上下毛布と

治療ベットも切り替えてましたけどね♪

 

 冬が来る前に 痛み軽減しませんか?

駐車場あります。 駅までの送迎も行ってます。

うつ症状 もしかして更年期?鍼灸でリラックス。まずはご相談ください堺市出張在り

うつ症状 

原因はたくさんありますが、女性では特にホルモンバランスの変化が関係するものがあります。

一番変化があるのは更年期障害で 40代を過ぎ閉経近くになると現れ

倦怠感や冷えのぼせ 発汗 涼しくてもすごい汗が出る イライラ 不眠。 など。

症状もさまざまですが 期間もほとんどない人や数年にわたって苦しんでいる人もいました。

 

 昨今若い方でも 生活習慣の乱れか体質変化なのか 生理不順や更年期やうつに似た症状が出るなどのご相談もあります。

 

 

 当方ではその人の体質や生活習慣などを知り アドバイスもさせていただいてますが

鍼灸の治療により 血行が良くなり改善されたとの患者さんの声も多くあります。 

 

 忙しくなかなか時間がないという方 夜間の対応や 置き針といって毎日通わなくても

効果が継続する針もご用意できます。

訪問治療も行ってますのでいかがでしょうか。

 

 で苦しまないで まずはご相談ください。

 今ならチェストツリーとベリーのお試しを差し上げています。

  

チェストベリー もうすぐ収穫できます(無料配布中)

 婦人科系でピックアップされているチェストベリー

効能は生理痛・生理前症候群・催乳・更年期障害・生理不順など

_DSC8828

 このようなきれいな紫の花が咲き そして秋になると

黒い仁丹のような種ができます。これがチェストベリー

といいまして、葉はチェストツリーとして同様の効果があるそうです(すこし薄い らしい)

植えて5年になりますが、今年ももうすぐ種ができます。  葉も乾燥させては、ご希望のかたにお試しで無料配布しています。

 すこし苦いのでほかのハーブティなどに混ぜるほうが良いとのことです。

 もちろん無農薬。 一本だけなので種の採取は少ないですが、葉ならいつでも採取でき

生のままお渡しできます。 風味はミントのような清涼感ある苦味でくせはありません。

 

 即効性はなく出てくるのに2週間ほどかかるそうですが、針治療と併用すればもっと効果があるんじゃないかとは思いますので いかがでしょうか。

 当方 不妊治療専門ではありませんが、治療で冷え性改善の効果はありました。

食生活などのご相談もお受けします。

お気軽にご連絡ください。

 

早朝夜間でもご予約お待ちしてます。

 

 

 

 

当 治療所で使う針 

当方で使っている針のご紹介ですが 鍼灸では針を鍼と書きます。

つぼに打つ箇所(経絡治療といいます)なら5mmも入れば良いので細くて短いものを使いますが

コリがひどくなる=筋肉が硬いので、使用する鍼は 症状に応じて太く長くなります。

手もちの銀色のものは灸頭針用でまた特別な構造になってます。

 そして中国や韓国で使う針と日本で使う針は刺し方などの使用方法や形状 硬さもまったく違うものです。 

 たとえば日本では打つとき針管を使いますが他国では使いません。

これは日本人の体にあうよう先人たちが創意工夫し、痛みを抑えた針先や細さになったためで

持ち手も含めて長く太くする中国の針は あまり日本人の鍼灸師は使いません。 

_DSC9678

 

 

 器具の消毒はオート-クレーブ(高圧滅菌機)や煮沸 アルコールなどですが

あと紫外線保管箱にいれておきます。

_DSC9674

 当然 一人終わるごとに消毒しますが、肝炎などの伝染性疾患を持っている方や

その可能性がある方はとりあえず完全に別に分け密封容器で保管 念のため消毒も別に行います。

 自分だけの鍼をご希望の方は別途料金は頂きますが使い捨てのディスポーザーもご用意してあります。 ただ元から使い捨てという性質上 精度が悪く刺すときの痛みが強くなったり使いずらいこともあり ふだん当施術所で使っているものをストックしていただくことをお勧めしています。

_DSC9681 

 

 すべてステンレス製の鍼を使っていますが メーカーや使用用途(灸頭針など)によって

太さや長さは異なります。 これは患者さんの体格や症状に応じたものなので

TVの針治療のようにやたらと長い針を打つことはありません。

 

_DSC9680

 

▲TOPへ